【シモンコライト】は薄毛の原因”菌”に打ち勝つことができる!? 事実!薄毛の原因の1つに、菌が関係していた。

この記事でわかること
☑︎頭皮に住むあるが増えすぎると、
薄毛やフケ・かゆみなどの問題を引き起こすことがある。
☑︎【シモンコライト】という成分はこれらの菌の増殖を抑えることができる。
☑︎シモンコライトは、プレミア亜鉛とも呼ばれる。

頭皮の菌が薄毛と関係している

頭皮は、他の皮膚と比べて皮脂がたくさん分泌される場所で、皮脂腺と呼ばれる部分がたくさんあります。

最近では、頭皮の研究が進み、男性の薄毛円形脱毛症白髪などの頭皮の問題と
頭皮に住んでいる微生物との関係も注目されています。2), 3), 4)

頭皮に住んでいる微生物の中で、特に、コリネバクテリウムマラセチアとの関係が頭皮の問題と多く報告1), 3)されています。

円形脱毛症患者にコリネバクテリウム属最近が多く存在

頭皮に常在するコリネバクテリウムという細菌は、
重度の円形脱毛症の患者さんの頭皮に、この細菌が普通の人よりも多く存在することがわかっています。4)

この細菌が増えると、頭皮の慢性的な炎症(頭皮の赤み)と関連して、
抜け毛」と「白髪化」が促進されることが知られています。3)

しかし、この細菌の増殖を抑える天然成分を使うと、頭皮の赤みが減り、抜け毛や白髪化も抑制されることがわかっています。

そのため、健康な髪を育てるためには、このコリネバクテリウムの増殖を抑えて、健康な頭皮の微生物を育てることが大切です。12)

また、この細菌が作る代謝物は、さまざまな臭いの原因になるとも言われており、例えば、わきの臭いが挙げられます。13),14)

マラセチア真菌が薄毛を悪化

マラセチアという真菌は、特に頭皮など皮脂が多い部分に多く生息しています。1)
この真菌と薄毛の関係を調べた研究では、AGAの人の頭皮には、この真菌がより多く見られることがわかりました。2), 5), 6)

マラセチアは、皮脂を好む真菌で、皮脂の中の一部を食べて増殖します。しかし、その過剰な増殖は、頭皮の炎症を引き起こし、薄毛を悪化させる可能性があります。

フケという頭皮の問題も、この真菌が関係しています。皮脂を好むこの真菌が増えると、頭皮の炎症を引き起こし、かゆみやフケが生じることがあります。7), 8)

しかし、特定のシャンプーや薬を使うことで、この真菌の増殖を抑え、頭皮の健康を保つことができるとされています。

さらに、マラセチアは薄毛やフケだけでなく、皮膚の他の問題も引き起こす可能性があります。

したがって、マラセチアの増殖を抑え、健康な頭皮の状態を保つことは、薄毛やフケ、かゆみなどの問題を改善するのに役立つと考えられています。

続きを読む NEXT▶︎シモンコライトの驚くべき力

タイトルとURLをコピーしました